家賃収入はいい副収入になる

初めての方ならまずは住居タイプ

収益物件を考えているなら、どんなタイプの物件が良いのでしょうか。まずは、住居タイプの収益物件が良いのではないでしょうか。ファミリータイプから単身者まで幅広いニーズを考えてももちろんてすが、福井という土地を考えた時にまず真っ先に浮かぶのは、その企業の豊富さです。
まず有名なのは眼鏡ですよね。国内のほとんどが福井で作られているという事を知らない人はいませんし、自動車や航空機に欠かせない部品を作っているのも福井なんです。これらを考慮すると、福井に就職や転勤で訪れる人の数はかなり多いのです。そこで必要になるのが住む場所です。収益物件を用意しておけば、安定した収入も得られます。家賃収入で生計を建てようと考えているなら、より多くの人が住む土地を選ぶのは当然の事でしょう。雪国という事から、物件の管理は大変かもせれませんが、決して損はないと思います。
まずは大勢の人が住んでくれる場所選びが大切なのです。副業を考えている人も最近は増えましたが、もしも副業を得たいと考えているなら、収益物件を購入して、家賃収入を得るというのはかなり良い手段といえるでしょう。なぜなら、労力を使わずに収入が得られる副業なのですから。

投資初心者が収益物件で気を付ける点

不動産投資が大変盛んであり、大都市圏だけでなく、地方都市でも地価が上昇しています。これは、日本銀行による歴史的な大規模金融緩和による金融機関の融資が生んだ現象ですが、反面、企業や人や金が、都市部に集まってくるという現象を招いています。
福井県も例外ではなく、福井市の地価は上昇していますが、その他の市町村では、下落している箇所も多いです。こういう状況の中、収益物件を初心者が選定する場合、気を付ける点があります。債権の場合、利率や予定利回りから、単純に税率20%を引けば利益が確定します。しかしながら、収益物件の予定利回りを額面通りに受け取ると大変危険です。通常収益物件は予定利回り10%ほどの価格で売買されています。つまり、毎年10%の利益を生む計算なのです。それって非常に美味しいですよね。だからこそ、金融機関に融資を頼む人が多いわけです。
現在、国債や定期預金の金利は1%にも満たず、0%に近い水準ですからね。しかしこの予定利回りは、かなりの曲者です。まず賃貸物件の場合、空室が出来るケースがあります。他にも大規模修繕やエアコンや洗面台、トイレ等の設備交換も必要です。それらの計画がきちんと入っているのか、入っている場合、何年交換なのかを検証する必要があります。また、空室率の設定もあまりにも低めの場合、絶対に予定利回りを下方修正する必要が生じます。そして、家賃設定の推移も重要です。年月が経てば、家賃を下げなくてはなりません。あまり強気な家賃設定の場合、同様に予定利回りを下回る結果になりますからね。これらを正しく検証すれば、必ず収益物件で儲けることが出来るでしょう。投資初心者の方は、以上の点に気をつけてください。